ヨーロッパの町や村を写真で紹介/タウンインフォメーション

ヨーロッパの街角写真集 Baci Donne ホームへ戻る

サイトに掲載しているヨーロッパの町や村についての紹介

[このサイトについて] [サイトマップ] [お問い合わせ]
ヨーロッパの街角写真集 Baci Donne ホームへ戻る

タウンインフォメーション   [A] [B] [C] [D] [E] [F] [G] [H] [I] [J] [K] [L] [M] [N] [O] [P] [Q] [R] [S] [T] [U] [V] [W] [X] [Y] [Z]

D: Deauville (ドーヴィル/フランス)
  ドーヴィル/フランス  
映画「男と女」の舞台。海岸もどこかエレガントなリゾート地。
ヨーロッパ:町の印象
ボードウォークも軽やかでデートにもぴったりのおしゃれなビーチリゾート。
旅のメモ
パリ発のバスツアー(シティラマ社)に参加。季節外れで外は風が冷たかったが、ビーチのカフェレストランは心地よく過ごせる工夫をしていた。
関連URL

  Dinkelsbuhl (ディンケルスビュール/ドイツ)
  <ディンケルスビュール/ドイツ  
深い切妻のカラフルな家が軒を連ねる水濠で囲まれた町。
ヨーロッパ:町の印象
カラフルな木組みの家が並び愛らしい雰囲気だがどこか落ち着いた印象が。城壁の手前に流れる川が壕になっていて外から眺める家並みも美しい。
旅のメモ
30年戦争の時に町を救った子供たちの逸話に基づき、毎年7月に「キンダーツェッヘ:子供の祭り」が開かれる。
関連URL
[公式サイト] http://www.dinkelsbuehl.de

  Durbuy (デュルビュイ/ベルギー)
  デュルビュイ/ベルギー  
緑豊かなウルト渓谷に包まれた世界で一番小さな市。
ヨーロッパ:町の印象
淡い色の石で造られた小さくて美しい村。どこをとっても絵になる。
旅のメモ
芸術家が多く住んでいる。村のレストランにグルメが集まってくる。
このページの1番上へ関連URL
[観光局] http://www.durbuy.be/


E: Eguisheim (エギィスハイム/フランス・アルザス)
  エギィスハイム/フランス・アルザス  
石畳の魅力的な路地や可愛い看板に出会えるのどかな村。
ヨーロッパ:町の印象
緩やかにカーブを描く石畳の細い路地に古い木組みの家が並んでいるような絵になる通りがありとっても味わい深い村。
旅のメモ
コルマールLES CIRCUITS D'ALSACEのワイン街道巡りツアーに参加。
関連URL
[公式サイト] http://www.ot-eguisheim.fr/

  Eze (エズ/南仏)
  エズ/南仏  
紺碧の地中海を見下ろす険しい岩山の上の鷲の巣村。
ヨーロッパ:町の印象
坂道や石の階段を上りながらワクワク気分がどこまでも続く。。。
旅のメモ
思い切ってシャトーエザに宿泊。しかし到着後雨がひどくなってきてがっかりしていたが祈りが通じて(!?)雨が上がる。翌朝は快晴に。
このページの1番上へ関連URL


F: Ferrara (フェラーラ/イタリア)
  フェラーラ/イタリア  
ポー河下流域に発展。エステ家の歴代君主が支配した街。
ヨーロッパ:町の印象
レンガ造りでどっしりとしたエステ城の佇まいが印象的。
関連URL
[公式サイト] http://www.provincia.fe.it/

  Firenze (フィレンツェ/イタリア)
  ドゥオモ フィレンツェ/イタリア  
『花の都』を意味するフロレンティア。さながら生きた博物館。
ヨーロッパ:町の印象
美術館はもちろん宮殿に教会に広場に華麗なる芸術が咲き誇り花のように美しい町。夕暮れ時のアルノ川の眺めも素晴らしい。
関連URL

  Fontaine de Vaucluse (フォンティーヌ・ド・ヴォークリューズ/南仏)
  フォンティーヌ・ド・ヴォークリューズ/南仏  
ヴォークリューズ山地の麓、澄んだ泉のある小さな村。
ヨーロッパ:町の印象
透き通った水の揺らぎとやすらぎで心までクリーンになれそう。。。
旅のメモ
エクサンプロヴァンスのインフォ主催のツアーに参加。

  Frauenchiemsee (フラウエンキムゼー/オーストリア)
  フラウエンキムゼー/オーストリア  
アルプスに抱かれた湖、キームゼーに浮かぶ小さく美しい島。
ヨーロッパ:町の印象
豪華な王の城があるヘレン島(男島)とは対照的に、素朴で牧歌的なフラウエン島(女島)。ドイツで唯一、クリスマスマーケットが行われる島でもある。
旅のメモ
クリスマスマーケットは6日間のみ。フラウエンキムゼー島へは、Prien(プリーン)の港から船に乗り、ヘレン島を経由して約25分で到着。尚、夏場はプリーン駅と港の間をキームゼー蒸気機関車が走る。
関連URL

  Frigiliana (フリヒリアナ/スペイン)
  フリヒリアナ/スペイン  
白壁の家が山あいに広がるアンダルシアの素朴で美しい町。
ヨーロッパ:町の印象
家や壁の手入れが行き届いた素朴で美しい村。上に行くほどわき道や階段があったりして迷路っぽい感じもまた魅力的。
旅のメモ
町の歴史を描いたタイルの壁画が通りの何箇所かに飾ってある。
このページの1番上へ関連URL
[公式サイト] http://www.frigiliana.org/


G: Garmisch Partenkirchen (ガルミッシュ・パルテンキルヒェン/ドイツ)
  ガルミッシュ パルテンキルヒェン/ドイツ  
フレスコ画が描かれた家が続くアルペン地方の山岳リゾート。
ヨーロッパ:町の印象
家という家の窓や壁に絵が描かれている。すごい。。。
旅のメモ
ミュンヘンから列車で1時間20分。南下するほどに車窓の変化も楽しめる。
Posthotel Partenkirchenに宿泊。
関連URL


  Geneve (ジュネーブ/スイス)
  ジュネーブ/スイス  
レマン湖の西端。公園も多く明るくおしゃれな国際都市。
ヨーロッパ:町の印象
都会だがが旧市街にはしゃれたカフェやレストランも多く歩いておもしろい。
関連URL

  Gent (ゲント/ベルギー)
  トラム ゲント/ベルギー  
中世のギルドハウスが立ち並ぶしっとりした水の都。
ヨーロッパ:町の印象
水路が巡り、”20の島に70もの橋が架かる町”と形容される。レイエ川沿いには古い町並みが残りしっとりと落ち着いた風景が続くが、市内にはトラムが走り町も人も親しみやすい雰囲気がある。
関連URL
[公式サイト] http://www.gent.be/

  Giengen (ギーンゲン/ドイツ)
  シュタイフミュージアム ギーンゲン/ドイツ  
テディベアの「シュタイフ」本社がある南ドイツの小さな町。
旅のメモ
1902年創業のシュタイフ社は(障害を持っていた)マルガレーテさんの「象の針刺し」から始まった。「マルガレーテ・シュタイフ・ミュージアム」で年代を追って作品を見ていくことがきる。敷地横にはおみやげ用のショップもある。
関連URL
[公式サイト] http://www.giengen.de/

  Gorbio (ゴルビオ/南仏)
  ゴルビオ/南仏  
マントンの山の手にある石造りの静かな町。
ヨーロッパ:町の印象
小さな広場からアーチをくぐって中世の石造りの村の中へ。村からの展望もとても素晴らしい。広場には1713年に植えられたニレの木がある。
旅のメモ
ニースより”ようこそツアー”の「ヴィラージュツアー 村めぐり」に参加。ガイドブックにあまり載っていないコートダジュール山側の5つの村を巡る。
このページの1番上へ関連URL
[観光局] http://www.gorbio.fr/

  Gordes (ゴルド/南仏)
  ゴルド/南仏  
頂上に古城があり幻想的な景観。石造りの家が連なる村。
ヨーロッパ:町の印象
外見(遠景)は幻想的。丘の上に佇む16世紀のお城を取り囲むようにセンスのよいお店やレストランが並ぶ。おしゃれな野菜やさんもある。
旅のメモ
エクサンプロヴァンスのインフォ主催のツアーで訪問。
関連URL

  Goslar (ゴスラー/ドイツ)
  ホテルカイザーヴォールト ゴスラー/ドイツ  
灰色のスレートの家と木組みの家のトーンがシックな町。
ヨーロッパ:町の印象
歩き飽きないほど建築が魅力的ですばらしい。この町を起点にクウェドリンブルクやヴェルニゲローデへ列車で行った。
旅のメモ
ハノーファより列車で移動。Hotel Kaiserworth(カイザーヴォールト)宿泊。
関連URL
[公式サイト] http://www.goslar.de

  Granada (グラナダ/スペイン)
  グラナダ/スペイン  
イスラム文化の面影を色濃く残す町。
ヨーロッパ:町の印象
アルハンブラ宮殿の敷地は広く見どころの移動も結構大変。中でも二姉妹の間の天井は八角形で鍾乳石の装飾が美しく印象に残った。
旅のメモ
アルバイシン地区にあるタブラオ。年季が入ったおばあさんの踊りが最高に素晴らしかった。
関連URL

  Grasse (グラース/南仏)
  グラース/南仏  
華やかさと親しみやすさが同居した香水で有名な町。
ヨーロッパ:町の印象
香水の町でもあり、ロココの画家フラゴナール美術館などもあるのでどことなくエレガントで洗練された雰囲気が。建物の色合いもきれい。
旅のメモ
ニースのバスターミナルからバスで約1時間10分。グラースのバスターミナルに着いたら坂を下っていくと迷路のような路地を通り町の中心に出る。
このページの1番上へ関連URL
[観光局] http://www.ville-grasse.fr/
[グラースミュージアム] http://www.php.museesdegrasse.com/

  Guarda (グアルダ/スイス)
  グアルダ/スイス  
カリジェの「ウルスリの鈴」の舞台になったスイスの美しい村
ヨーロッパ:町の印象
グアルダは標高1653m。谷底の駅からポストバス又は徒歩で登っていく。色とりどりに並ぶ家の壁の殆どはスグラフィートで装飾されており、なだらかに小石を敷き詰めたエントランスと、アーチ型の木の扉、素朴なベンチの組み合わせが愛らしさと趣を添えている。どの家も玄関先をこぎれいにしているのも印象的。
旅のメモ
サンモリッツからレーティッシュ鉄道で。リクエストストップの駅。
このページの1番上へ関連URL
[観光局] http://www.guarda.ch/


H: Hameln (ハーメルン/ドイツ)
  ハーメルン/ドイツ  
「ハーメルンの笛吹き男」で有名なメルヘン街道の町。
ヨーロッパ:町の印象
木組みの建物は装飾が凝ったものが多く、メインストリートにはヴェーザールネッサンス様式の建物も残る。町の見どころは道に描かれた白いねずみが案内してくれる。とんがった屋根のシルエットが影となって通りに写りこみおもしろい。
旅のメモ
市民参加の「ねずみ捕り男の野外劇」は5月中旬から9月中旬までの日曜日、12時から約30分間「結婚式の家」の前で上演される。
ハーメルンの通りで出会ったねずみたち>>
関連URL
[公式サイト] http://www.hameln.de

  Heidelberg (ハイデルベルク/ドイツ)
  ハイデルベルグ/ドイツ  
ネッカー川と古い街並を望む緑に包まれた古城のある町。
ヨーロッパ:町の印象
学生の町らしく活気もありまた住みやすそうなところ。
旅のメモ
アドヴェントシーズンには広場にクリスマス市がたち、小さなメリーゴーランドやミニ汽車のカタチの焼き栗やさんなども出ていた。
関連URL
[公式サイト] http://www.heidelberg.de

  Honfleur (オンフルール/フランス)
  オンフルール/フランス  
印象派の画家達が愛したノルマンディーの港町。
ヨーロッパ:町の印象
絵心(写真心?)を刺激する美しいトーンの町並みは懐かしくあたたかい。旧港を望むレストランのテラス席でみんな楽しそうにシーフードを食べていた。
旅のメモ
パリ発のバスツアー(シティラマ社)で。
このページの1番上へ関連URL


K: Kaysersberg (カイゼルスバーグ/フランス)
  カイゼルスバーグ/フランス・アルザス  
お城もあり街並も美しくゆっくりと散策したい人気の村。
ヨーロッパ:町の印象
思ったよりも大きな村で、観光客で賑わう通りやレストランがあるかと思えば、静かで美しい路地があったりして散策のしがいがある。またここは、シュバイツアー博士が生まれた村で博物館もある。
旅のメモ
LES CIRCUITS D'ALSACEのワイン街道巡りツアーに参加したが、コルマール駅前からバスで行ける。
関連URL

  Kl.Scheidegg (クライネ・シャイデック/スイス)
  クライネ・シャイデック/スイス  
『小さな峠』と言う意味。ユングフラウヨッホへの鉄道起点駅。
ヨーロッパ:町の印象
雄大なアルプスに抱かれたとても心地よい場所で、色んなルートでたどり着いた人々で賑わっている。ホテルやレストラン、おみやげ屋さんなどもあり、見晴らしのいいテラス席で飲むコーヒーは最高!
旅のメモ
登山鉄道でユングフラウヨッホ駅(標高3454m)に到着して氷河の眺めを楽しんだ後は再びクライネシャイデックまで下り、メンリッヒェンまでのハイキングコースを歩き、ケーブルでヴェンゲンへ降りて登山鉄道WABでラウターブルンネンまで行き登山電車でミューレンへ戻った。夏はいつまでも日が高いので時間の感覚が狂い、危うくケーブルの最終便に遅れるところだった。
このページの1番上へ関連URL
[Jungfraunbahn und Jungfraun winter!] http://www.jungfrau.ch/




 
 
ヨーロッパの街角写真集 Baci Donne Photo Street このページの一番上へ ヨーロッパの看板 ヨーロッパの壁絵 ヨーロッパの窓辺 ヨーロッパの扉・壁 ヨーロッパの通り ヨーロッパのお店 ヨーロッパのカフェ ヨーロッパのマーケット