ヨーロッパの町や村を写真で紹介/タウンインフォメーション

ヨーロッパの街角写真集 Baci Donne ホームへ戻る

サイトに掲載しているヨーロッパの町や村についての紹介

[このサイトについて] [サイトマップ] [お問い合わせ]
ヨーロッパの街角写真集 Baci Donne ホームへ戻る

タウンインフォメーション   [A] [B] [C] [D] [E] [F] [G] [H] [I] [J] [K] [L] [M] [N] [O] [P] [Q] [R] [S] [T] [U] [V] [W] [X] [Y] [Z]

L: La turbie (ラ・チュルビ/南仏コートダジュール)
  ラ・チュルビ/南仏  
ローマ遺跡「アルプスのトロフィー」がそびえる丘の上の村。
ヨーロッパ:町の印象
グラン・コルニッシュの町では最も高く、標高478メートル。モナコや地中海の眺めがとても素晴らしい。石畳の道は中央に煉瓦が敷かれており歩きやすくなっている。猫に出会う確率が高い。
旅のメモ
ニース発のヴィラージュツアーに参加。
関連URL

  Le Cannet (ル・カネ/南仏)
  ル・カネ/南仏  
カンヌの高台にある町。ペイネの『恋人たちの壁』は必見。
ヨーロッパ:町の印象
カンヌから少し北にある静かな町。バスを降りてなだらかな坂道を登っていくと旧市街へ出る。レイモン・ペイネが描いた壁絵「Le Mur des Amoureux」を見るためにわざわざ足を伸ばしたのだが、建物の前にずっと車が止まっていてちょっと残念!時間があれば雰囲気ある町をゆっくり散策したかった。
旅のメモ
カンヌの旧港からバスに乗り約10分。さすがに地元の人しか乗っていない。
関連URL
[観光局] http://

  Les Baux de Provence (レ・ボー・ド・プロヴァンス/南仏)
  レ・ボー・ド・プロヴァンス/南仏  
廃墟となった城塞に続く坂道に店が立ち並ぶ岩山の村。
ヨーロッパ:町の印象
廃墟とは言え予想外に楽しめるレ・ボー一族の夢の跡。イヤホンガイドで巡ると当時の様子が見えてくるかのよう。オリーブ畑が広がる眺めもバツグン。城から坂道を下りながら雰囲気のある村のお店やレストランを覗いてみるのも楽しい。
旅のメモ
エクサンプロヴァンスのインフォ主催のツアーで訪問。
関連URL

  Lido (リド/イタリア)
  リド/イタリア  
映画「ベニスに死す」の舞台になった、ヴェネツィア東南の島。
ヨーロッパ:町の印象
リド島は宿泊しただけだが、そこはビーチリゾートと言うよりもさびれかけたような庶民的なエリアだった。それはそれで味わいがあった。
旅のメモ
学会で本島のホテルが満室らしくリド島のホテルに。そこは長期滞在の合宿所みたいな宿泊施設で1人なのに部屋が3つでベッドが計7つぐらいありどこに寝るか迷った。

  L'isle-sur-la-Sorrgue (リル・シュル・ラ・ソルグ/南仏)
  リル・シュル・ラ・ソルグ/南  
清らかな運河とあふれる緑。自然も人もいきいきした村。
ヨーロッパ:町の印象
毎週日曜日に運河沿いにたつアンティーク市を目当てに行った。マーケットだけでなく、常設のショップが並ぶ魅力的なエリアがいくつもあったが少ししか見て回れず不完全燃焼。マルシェのエリアには石鹸やかご、陶器、食品などが並びものすごい人の渦にのまれそうになる。サラミがおいしそうだったが断念。
旅のメモ
エクサンプロバンスから出発する1日ツアーを利用。
関連URL

  Linz (リンツ/オーストリア)
  クリスマスマーケット リンツ/オーストリア  
ドナウ川沿いに開けるオーストリア第3の都市。
ヨーロッパ:町の印象
クリスマスマーケットを見たが、ドナウ川に架かる橋からかわいい天使のイルミネーションが続いていて、市電の通る広場はクリスマスの夢と光に包まれていた。
関連URL

  London (ロンドン/イギリス)
  地下鉄看板 ロンドン/イギリス  
地下鉄を乗り継いで街歩きやマーケットめぐりが楽しい!
ヨーロッパ:町の印象
色んな楽しみがぎっしり。決して飽きる事なく暮らしてみたい(と思わせる)街。
大事な一眼レフをタクシーに置き忘れて蒼ざめていたところ、運転手さんが後で気づいてホテルに届けてくれた!ジェントルマンに感謝!!
旅のメモ
ロンドンのアンティークマーケット
PORTOBELLO ANTIQUE MARKET(ポートベロー・アンティークマーケット)
 →「Notting Hill Gate」下車: 土曜日
CAMDEN LOCK MARKET(カムデン・ロック・マーケット)
 →「Camden Town」下車: 土・日曜日がよい
BERMONDSEY MARKET(バーモンジー・マーケット)
 →「Tower Hill」「London Bridge」「Borough」下車: 金曜日
ANGEL/COMDEN PASSAGE(エンジェル/カムデン・パッセージ)
 →「Angel」下車: 水・木・土曜日
SPITALFIELDS MARKET(スピタルフィールズ・マーケット)
 →「Liverpool steet」下車: 日〜金曜日
関連URL

  Lourmarin (ルールマラン/南仏)
  ルールマラン/南仏  
小リュベロンと大リュベロンの谷間にある洗練された村。
ヨーロッパ:町の印象
ゆたかな自然の中にある。どことなく品があり落ち着いた雰囲気。
旅のメモ
村のはずれにあるルールマラン城はガイドツアーで見学する。内部はゴージャスと言うよりもプロヴァンスの食器や家具などが趣味よく配置されている。お城は演奏会などに利用もされている。
エクサンプロヴァンスのインフォ主催のツアーで訪問。
関連URL

  Luzern (ルツェルン/スイス)
  ルツェルン/スイス  
森と湖に囲まれた町。ロイス川を渡る風が心地よい。
ヨーロッパ:町の印象
明るく爽やかでみんなに愛されるような平和な町。湖や川沿いのカフェでゆったりと時を過ごすのが似合っている。橋を渡った旧市街では見事な壁絵の建物にも出会える。
旅のメモ
1333年に完成したカペル橋(ルツェルンのシンボルである屋根つきの木の橋)は1993年の火災で焼けてしまうがきれいに修復されている。
このページの1番上へ関連URL


M: Madrid (マドリード/スペイン)
  プラド美術館 マドリード/スペイン  
『太陽の沈まぬ国』スペイン王国の栄華が香る街。
ヨーロッパ:町の印象
華麗なる王宮やスペインアート、街なかの広大な広場や公園などスペイン王国の輝きが今に伝わる。
関連URL
[観光局] http://www.munimadrid.es
[プラド美術館] www.museoprado.es
[国立ソフィア王妃芸術センター] museoreinasofia.mcu.es

  Marseille (マルセイユ/南仏)
  マルセイユ/南仏  
黄金のマリア像が山の上から海と町と人を見守る港町。
ヨーロッパ:町の印象
治安的にちょっと危ないのかな?と思っていたが昼間の観光エリアは必要以上に恐れる事はなかった。塔の上に金色のマリア像が輝く「ノートルダム・ド・ラ・ギャルドバジリカ大聖堂」は海抜162mの丘に建ち港や町からよく見える。大聖堂まではスリル満点のプチトラムで行き、(プチトラムは往復のチケットを買っていたが勘違いし帰りは乗れず)バスで下ってきた。ヨットが係留されている旧港の周りにはカフェやレストランが席を並べ海を眺めながらゆっくりできてとてもいい雰囲気。(でも暑い。。)2回目の訪問でやっとマルセイユ名物のブイヤベースを食する事ができたが、有名店は値段もよいがデザートの量が過剰に感じた。
旅のメモ
エクサンプロヴァンスのバスターミナルよりバスで。マルセイユのバスターミナルが立派になっていたのに驚いた。駅から地下鉄に乗り旧港へ。地上への階段を登る時に潮の香りがしてきた。宿泊は旧港沿いの「Hotel la Residense」。
関連URL

  Milano (ミラノ/イタリア)
  ドゥオモ ミラノ/イタリア  
ゴシック様式のドゥオモがシンボルのファッションの町。
ヨーロッパ:町の印象
アーケードやドゥオモの床のタイルのモザイクが美しかった。当時はアーケード内にもジプシーが多く観光客は注意が必要だった。
関連URL

  Mittenwald (ミッテンヴァルト/ドイツ)
  ミテンヴァルト/ドイツ  
ゲーテが『生きている絵本』と称えた”森の真ん中”の町。
ヨーロッパ:町の印象
こんな町が存在するのか!とかなり感動。細かく描き込まれた壁の絵が森の澄んだ空気としっとりとなじむ美しい村。
旅のメモ
ガルミッシュ パーテンキルヒェンよりバスで行って列車で戻った。
関連URL
[公式サイト] http://www.mittenwald.de

  Mont Saint-Michel (モン・サン・ミッシェル/フランス)
  モン・サン・ミッシェル/フランス  
世界遺産に登録された美しく神秘的な姿の聖地。
ヨーロッパ:町の印象
対岸のホテルに泊まり、島へは朝到着したので、修道院のシルエットが湾に映し出された超感動的なシーンを目にすることができた。お土産やさんが並ぶ「グランド・リュー通り」、静かな修道院の居住空間、目の前に広がるサン・マロ湾の自然、と色んな見どころがありとても楽しめる。
旅のメモ
前日の夜、ライトアップされた姿を(母と)見に出かけた。道は暗いので懐中電灯が必要。対岸からだとかなり歩いたが見に行ってよかった。また、写真を撮るのに夢中になって車にひかれるという事故が起きているそうなので、車道にはみださないようにという事だった。
関連URL


  Munchen (ミュンヘン/ドイツ)
  ヴィクトゥアーリエンマルクト ミュンヘン/ドイツ  
バイエルンの都は芸術の都。そしておいしいビールの町。
ヨーロッパ:町の印象
3回ぐらい訪れているが町をゆっくり散策する機会にまだ恵まれていない。マリエン広場で開かれるクリスマスマーケットと、その裏手にある常設市場ヴィクトゥアーリエンマルクトを歩いたが活気にあふれていて住民がうらやましい。
関連URL

  Murren (ミューレン/スイス)
  ミューレン/スイス  
アイガー・メンヒ・ユングフラウを望める崖の上ののどかな村。
ヨーロッパ:町の印象
ミューレンは標高1634m。切り立った断崖絶壁の上にあり、ロープーウェイやケーブルカーや電車など村までの乗り物も楽しみ。アイガー、メンヒ、ユングフラウの3つの山を楽しめるのもミューレンならではで、なんとも贅沢な景観を独り占めしているよう。夕暮れ時のアルプスの眺めも素晴らしく、静かで穴場的な村。
旅のメモ
『女王陛下の007』で有名な展望台シルトホルンへのロープーウェイ駅がある。
このページの1番上へ関連URL


N: Nice (ニース/南仏)
  プロムナード・デザングレ ニース/南仏  
『リビエラの女王』。陽光降注ぐコートダジュールのリゾート地。
ヨーロッパ:町の印象
ニースは海沿いの散歩も気持ちいいが旧市街の散策もかなり楽しい。地元の人が集まるおいしいお店や美しい聖堂も覗いてみたいが、通りの建物の南仏らしい鮮やかな色合いがいい味を出している。
旅のメモ
花と野菜の市が立つサレヤ広場:アンティーク市は月曜日
関連URL

  Nurnberg (ニュルンベルク/ドイツ)
  クリスマスマーケット ニュルンベルク/ドイツ  
クリスマスマーケットが有名。中世ドイツの面影が残る古都。
ヨーロッパ:町の印象
戦後見事に復興され、城壁や通りなどに中世の雰囲気が残されている。ハウプト広場にある「美しの泉」の柵についている輪を3回まわすと願い事が叶うと言われており、もう一度来れる様に願ったからか再びクリスマスの時期に訪れる事ができた。職人の町、おもちゃの町だけに期待を裏切らない魅力ある町。
ブログ:ヨーロッパのクリスマスマーケットもどうぞ>>
旅のメモ
クリスマスサイトにクリスマスマーケットの日本語パンフレット(PDF)あり。
このページの1番上へ関連URL
[公式サイト] http://www.nuernberg.de
[クリスマスサイト] http://www.christkindlesmarkt.de/index_e.html


O: Oberammergau (オーバーアマガウ/ドイツ)
  フレスコ画 オーバーアマガウ/ドイツ  
アルプスの山に囲まれた色鮮やかな壁絵(フレスコ画)の町。
ヨーロッパ:町の印象
木彫りで有名な町だが、壁に描かれた絵を見ながら散策するのも楽しい。
旅のメモ
村人たち総動員で上演される10年に1度の「キリスト受難劇」は1634年から350年以上続いている。(次は2010年)町の「キリスト受難劇場」では上演の年でなくてもバックステージツアーなどが楽しめる。
関連URL
[公式サイト] http://www.oberammergau.de

  Orvieto (オルビエート/イタリア)
  オルビエート/イタリア  
ブドウ畑に囲まれたワインの里。石畳の美しい通りがある町。
ヨーロッパ:町の印象
ゴシック様式のドゥオモの美しい輝きが人々を惹きつける町。木立がやさしい影をつくる小径など、歩くほどに美しい通りに出会える。
このページの1番上へ関連URL


P: Paillon (ペイヨン/南仏コートダジュール)
  ペイヨン/南仏コートダジュール  
ニースから12km。険しい断崖の上にある要塞の村。
ヨーロッパ:町の印象
岩山の上にあるペイヨン。石造りの狭い通りを登っていけば、まったりとくつろぐ猫や犬たちが出迎えてくれる。かざりっけのないひっそりとした村だが14世紀のチャペルや人気のオーべルージュがある。
旅のメモ
ニースよりヴィラージュ・ツアーに参加。
関連URL
[地方観光局] www.frenchriviera-tourism.com/

  Paris (パリ/フランス)
  パリ/フランス  
街並みや文化に高い美意識を感じる洗練された都市。
ヨーロッパ:町の印象
ひと言で言うのは難しいが、ビューティフル&エレガント。という印象だったが、2011年はパリのどこに行ってもスリらしきあやしい人が多かった。
旅のメモ
クリニャンクールの蚤の市に地下鉄で行く時にはスリに気をつけて。特に地下鉄の改札を通る時。ホテルでは朝食のレストランで狙われるケースが多いので皆様も手荷物とポケットには注意されてくださいませ。
関連URL
[パリ市観光局] http://www.parisinfo.com/

  Peille (ペイユ/南仏コートダジュール)
  ペイユ/南仏コートダジュール  
村人たちの穏やかで幸せな暮らしが感じられる小さな村。
ヨーロッパ:町の印象
コートダジュールの山側にある鷲巣村のひとつであるペイユはオリーブ畑に囲まれた静かでのどかな村。昔から変わらない大きな木が見守る広場で談笑する大人たちや、走り回って遊ぶ子どもたちの姿が何とも微笑ましかった。
旅のメモ
ニースよりヴィラージュ・ツアーに参加。
関連URL
[地方観光局] www.frenchriviera-tourism.com/

  Pilatus (ピラトゥス/スイス)
  登山鉄道 ピラトゥス/スイス  
世界一急勾配の登山鉄道を楽しみアルプスのパノラマを!
ヨーロッパ:町の印象
ピラトゥスは標高2132m。ベルナーアルプスのパノラマは絶景。
旅のメモ
行きはロープーウェイで、帰りは急勾配の登山鉄道で下った。登山列車が開通したのは1889年と古い。上りも下りも約40分。
このページの1番上へ関連URL
[スイス政府観光局] http://www.myswiss.jp/

  Praha (プラハ/チェコ)
  カレル橋 プラハ/チェコ  
左岸にプラハ城、右岸に旧市街。美しく広がる百塔の町。
ヨーロッパ:町の印象
さまざまな様式の建物が点在し「建築博物館」や「北のローマ」ともいわれているが、残念ながらまだ建築ウォッチングができていない。。。ツアーで訪ねたプラハ城では聖ヴィート教会のムハ(ミュシャ)のステンドガラスがゴージャスで印象的だった。千年の都は想像もつかないぐらいに奥が深そうだ。
旅のメモ
プラハ城で写真(フラッシュはNG)を撮るには撮影権(50KC=約300円)を受付で購入する。カメラの絵がついた緑の丸いシールを体に貼っておく。
このページの1番上へ関連URL
[チェコ共和国オフィシャル観光案内] http://www.czechtourism.com/jpn/jp/docs/holiday-tips/news


Q: Quedlinburg (クヴェドリンブルク/ドイツ)
  クヴェドリンブルク/ドイツ  
ハルツ地方、ボーデ川のほとりにある1000年の古都。
ヨーロッパ:町の印象
マルクト広場を抜け、城山へと続く道ですばらしい木組みの家々に出会える。クヴェドリンブルクは世界遺産の町。木組みの家博物館もあるので興味のある人はぜひ立ち寄ってほしい!
旅のメモ
ゴスラーより列車にて(ハルシュタットで乗り換え)トータルで1時間ちょっと。
このページの1番上へ関連URL
[公式サイト] http://www.quedlinburg.de


R: Regensburg (レーゲンスブルク/ドイツ)
  レーゲンスブルク  
ドナウ川のほとりのしっとりと美しい古都。
ヨーロッパ:町の印象
歴史あるソーセージのお店Salzstadel(ザルツシュターデル/Historische Worstkuche)に行く為に訪れた町だったが、ドナウ川に架かる橋を渡りながら町のほうを振り返った時のあまりの美しさに息を呑んだ。
旅のメモ
ニュルンベルクより列車にて約1時間。
関連URL
[公式サイト] http://www.regensburg.de

  Riquewihr (リクヴィール/フランス)
  リクヴィール/フランス・アルザス  
カラフルな木組みの家が愛らしい、ブドウ畑の中の小さな村。
ヨーロッパ:町の印象
これほどまでに愛らしいとは。。。小さな村なのに坂道に続くお土産やさんもレストランもたくさんの観光客で賑わっている。MUSEE HANSI(アンシ美術館)にはまだ行けていない。
旅のメモ
コルマール駅前からリボーヴィレ行きのバスで30分ちょっと。
関連URL

  Rochester (ロチェスター/イギリス)
  ロチェスター/イギリス  
ディケンズの故郷。古さの中にどことなく品格を感じさせる町。
ヨーロッパ:町の印象
ディケンズが晩年を過ごしまた小説の舞台にもなった町で、資料館もあり、町の人々がヴィクトリア時代の扮装をする「ディケンズフェスティバル」というお祭りも行われる。親しみやすくどことなく品格のある町。
関連URL
[Medway Council] http://www.medway.gov.uk/

  Roma (ローマ/イタリア)
  ナヴォーナ広場 ローマ/イタリア  
圧倒的な存在感の遺跡や彫刻、噴水に出会う『水の都』。
ヨーロッパ:町の印象
彫刻や噴水のあるナヴォーナ広場が特に印象的だった。
関連URL
[観光局] http://www.romaturismo.com/
[公式サイト] http://www.provincia.roma.it/

  Rotenburg ob der Tauber (ローテンブルク/ドイツ)
  ブルク公園 ローテンブルク/ドイツ  
タウバー川畔の深い緑に包まれた浪漫漂う『中世の宝石』。
ヨーロッパ:町の印象
いつも観光客であふれているが、復興された町並みは中世の面影を感じさせ本当に素晴らしい。まさしく宝石のような町。訪れるたびに新しい発見がある。
旅のメモ
ニュルンベルクから列車で2回乗り換え1時間ちょっと。
関連URL
[公式サイト] http://www.rothenburg.de

  Rouen (ルーアン/フランス)
  ルーアン/フランス  
ノルマンディーの古都、ジャンヌ・ダルク終焉の地。
ヨーロッパ:町の印象
ルーアン大聖堂のある広場から木組みの建物を眺めながらジャンヌダルク教会まで歩いてみる。少し治安が気になったのでだんだん早足となる。
旅のメモ
ジャンヌダルク教会内部のステンドガラスが印象的。
関連URL

  Roussillon (ルシヨン/南仏)
  オークル ルシヨン/南仏  
オークルの丘の上。壁の色がニュアンスあるトーンで続く村。
ヨーロッパ:町の印象
リュベロン地方にある村の1つだが、どこにもない魅力を持つ村。さまざまなオークルで塗られた家々の壁が温かく美しく調和して村全体が芸術作品のよう。
旅のメモ
エクサンプロヴァンスよりミニバスツアーで。
関連URL

  Rye (ライ/イギリス)
  マーメイド通り ライ/イギリス  
石畳のマーメイド通りや小さな路地が懐かしく温かい港町。
ヨーロッパ:町の印象
手を大きく開いて受け入れてくれそうな包容力とぬくもりを感じる。時の流れと共に海岸線がかなり遠くなってしまったが、今でもRother川や水路やレンガ色の屋根の上でカモメたちが自由に遊んでいる。
旅のメモ
セントメアリー教会の塔の上から町の全景が望める。
このページの1番上へ関連URL
[観光局] http://www.visitrye.co.uk/
[公式サイト] http://www.rye.org.uk/




 
 
ヨーロッパの街角写真集 Baci Donne Photo Street このページの一番上へ ヨーロッパの看板 ヨーロッパの壁絵 ヨーロッパの窓辺 ヨーロッパの扉・壁 ヨーロッパの通り ヨーロッパのお店 ヨーロッパのカフェ ヨーロッパのマーケット